現在位置:Home > プレスリリース2013 > 新開場した歌舞伎座にKIOSK端末「SUKIT™」を納入


プレスリリース

2013年4月2日

新開場した歌舞伎座にKIOSK端末「SUKIT™」を納入

高い操作性・カスタマイズ性・運用性が評価、新たな切符引取機として採用

KIOSK端末「SUKIT」

OKIは、このたび松竹株式会社(社長:迫本 淳一、本社:東京都中央区、以下 松竹)が運営し、2013年4月2日に新開場した歌舞伎座にKIOSK(キオスク)端末「SUKIT™(スキット)」を切符引取機として納入しました。また、引き続き2013年中に新橋演舞場、大阪松竹座、京都南座など、松竹が運営する演劇座館などへの「SUKIT」の導入も予定されています。

OKIのKIOSK端末「SUKIT」は、ATM(現金自動預け払い機)や鉄道の予約発券機などの実績をもとに、その技術・ノウハウを活かして開発されました。2008年の販売開始以来、羽田空港新国際線旅客ターミナルをはじめ、航空会社やバス運行会社など、幅広いシーンで利用されています。

松竹は、公演チケットの販売を、窓口の他に電話で購入できる「チケットホン松竹」や、インターネットでのチケット販売サービス「チケットWeb松竹」で行っています。電話やインターネットでチケットを購入したお客様は、郵送やコンビニでの受け取りの他に、劇場に設置された切符引取機に購入時のクレジットカードや会員カードを挿入して、チケットを受け取ることができます。このサービスは、お客様がチケットを購入したいときにいつでも購入できる大変便利なサービスです。

松竹は、歌舞伎座のリニューアルオープンにあたり、老朽化していた従来の切符引取機を全面的に刷新することを決めました。導入機種選定にあたり、OKIの「SUKIT」は、人間工学に基づき各種デバイスが最適な位置に配置された高い操作性や必要な機能だけを選べるカスタマイズ性と、運用時のメンテナンスのしやすさが高く評価され、採用にいたりました。また、「SUKIT」には各デバイスを制御する「SUKITプラットフォーム」が搭載されているため、操作画面のアプリケーションの開発が容易であることも決め手の一つになっています。

OKIは今後も、さまざまな業態のお客様のサービスを実現するKIOSK端末「SUKIT」の販売を積極的に行っていきます。

KIOSK端末「SUKIT」の主な特長

  1. 操作性

    「SUKIT」は使いやすさにこだわり、お客様の操作性を第一に考えるとともに、運用性の高さと保守の容易さにもこだわっています。

    • 利用者にとって

      タッチパネルディスプレイによる直感的な操作が可能です。また、各デバイスを操作しやすい位置に配置しています。操作時には、画面や音声の案内に加えてデバイス近傍のランプが点滅するので、迷うことなく簡単に操作できます。

    • 運用者にとって

      ディスプレイ部を上方にスライドして、画面表示を見ながらメンテナンス作業ができます。プリンタ部を引き出せるので、ロール紙の交換も容易です。

  2. 機能性

    オプションデバイスとして、磁気カードリーダ、二次元コードリーダ、非接触ICリーダ、パスポートリーダ、各種プリンタを取り揃えており、用途に合わせた組み合わせが可能です。非接触ICリーダはFeliCa™/MIFARE®リーダ、交通系IC対応リーダ、電子マネー対応リーダから選択できます。プリンタはレシートプリンタ(70mm幅、203dpi)から最大A4サイズプリンタ(210mm幅、300dpi)まで用途に応じて選べます。

    さらに、暗証番号入力キー、係員呼出ボタン、近接センサー、顔撮影カメラ、無線LANなどのデバイスを搭載することによって、さまざまな機能を実現できます。

  3. その他

    前面のパネルカラーをカスタマイズすることによって、お客様のコーポレートカラーやサービスカラーに合わせた存在感のあるデザインを実現できます。また、デザインシールなどのユニークなご要望にも対応いたします。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • SUKITは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 法人営業本部 営業第一部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ