現在位置:Home > OKIについて > 社会貢献活動 > 献血活動


社会貢献活動

献血活動

企業献血のパイオニアとして現在も熱心に活動

現在、あたりまえのように行われている企業の集団献血が、日本で初めて行われたのがOKIの品川事業所(当時)であったことをご存じでしょうか。

1962年、それは、日本の保存血液量の99%以上が売血によるものであったため、輸血後肝炎が大きな社会問題となった年でした。こうして国民の間にようやく献血思想が芽生えはじめた1964年8月21日、OKIは、一社員の提案により集団献血を実施しました。日赤中央血液銀行の協力を得て175名の社員が参加した、日本で初の集団献血は、当時の新聞やテレビにも取り上げられ、その後の企業献血の促進に大いに貢献しました。この日は、売血を禁止し、「献血の推進について」という国会決議が成立した日でもあり、現在は、「献血の日」と呼ばれています。

写真1
日本赤十字社の名誉副総裁である皇太子殿下より
表彰を受ける篠塚社長(当時)

以来、OKIはグループを挙げて献血活動に取り組んでおり、2016年度ではOKIグループの全事業所で年間延べ1,082名の社員が採血(400mL、200mL)を行いました。長期間にわたる実績は高い評価を受け、日本赤十字社や厚生労働大臣より、これまで多くの表彰状、感謝状などを授与されてきましたが、2006年7月13日、「第42回献血運動推進全国大会」で「昭和天皇記念献血推進賞」を受賞するに至りました。この受賞は、40年以上にわたり継続している献血活動や1996年度から実施している各地血液センターへの献血運搬車等の寄贈、日本赤十字社のHP支援、また、2001年度から東京、埼玉、群馬、静岡の全事業所における献血会で実施している、献血併行型の骨髄バンクのドナー登録会が高く評価されたものです。

  • 写真2
    (左)品川駅前通用門内広場で実施された第1回集団献血
    (右)現在の定期献血
  • 写真3
    最初に実施した芝浦事業所での骨髄バンクのドナー登録会(2001年5月29日)

ページの先頭へ