現在位置:Home > OKIについて > メカトロニクス > メカトロシアター


メカトロニクス

メカトロシアター OKIのメカトロニクスをビデオを含めてわかりやすくご紹介します。

メカトロって何?

メカトロって何?

起源は“モールス電信印刷機”。この装置は、“01010”のモールス信号を情報通信し、同時に、モールス信号を“点・線”でテープに印刷します。すなわち、デジタル(010101)とリアル(点・線)を情報通信技術とメカトロで融合させた“からくり”。
このからくりを起源に、情報通信技術とメカトロをユニーク&スマートに進化させてきました。

メカトロのコア技術 -紙幣を分離する技術、通帳をめくる技術-

ゲート分離方式/紙幣オートターンページ

OKIのメカトロは、紙幣・通帳・カード・硬貨などの情報媒体を人の手の同じような動きで自動処理するために進化してきました。

人は束になった紙幣を、手で扇形に広げる動作から紙幣を一枚一枚に分離します。その手と同じように、OKIはゲート分離方式を採用し束紙幣を巧みに分離します。

また通帳のページめくりは、オートターンページ方式により器用にページをめくることができます。

ミドルメカトロって何?

ミドルメカトロ

OKIは情報媒体とお客様のニーズに合わせて、メカニズムからメカトロへと技術を進化させ、そしてメカトロとITの融合によって新たなメカトロとして“ミドルメカトロ”を提案しています。

ミドルメカトロとは「今までそこにあるメカトロ」から「ヒトとヒトの間、ビジネスとビジネスとの間にあるメカトロ」へと進化したOKIオリジナルなメカトロソリューションです。

メカトロの未来技術

メカトロの未来技術

OKIは情報媒体を人と同じ動きで高速・高品質に自動処理できるメカトロにチャレンジし、数々のNo.1メカトロ商品を実現してきました。そして今、人の動きを究極に模したヒューマノイドロボットにチャレンジし、ロボットレッグを実現しました。

ページの先頭へ