現在位置:Home > 商品・サービス > 製造業向け(保守・営業)ソリューション > マーケティング・セールス(営業) > Microsoft Dynamics 365(統合型CRM/SFA)


製造業向け
(保守・営業)
ソリューション

商品サービス Microsoft Dynamics 365(統合型CRM/SFA)

特長

  • 営業部門をはじめ、企画・マーケティング部門やコールセンターにいたるまで、企業のあらゆる部門で活用できる「統合型CRM」です。
  • システムや組織ごとに個別管理されていたお客様情報を一元管理することで、全社で一貫性のあるお客様対応が可能となります。
  • 必要な情報が最適な形で表示されており、タブレットのタッチ操作にも完全対応しています。
  • 商談の基本情報管理に加え、ステージ管理にも対応しています。各ステージごとに行うべきアクションを定義できるため、やるべきことを漏れなく行えているかのチェックに利用できます。
  • 日々変化のある営業活動状況をダッシュボードに集約し掲載できます。利用者の役割(マネージャー、営業担当、技術担当など)に応じ、必要な情報を切替えて表示できます。(商談ステージ別案件数・取引先別の活動件数・1週間の商談状況等)
  • OutlookをDynamics 365(※1)のクライアントとして利用できるため、わざわざDynamics 365にログインすることなく、訪問スケジュールや案件状況の確認ができます。
  • Outlookを使うことで、メール送信と同時にそのメール内容をCRMへ登録できるため、お客様とのやりとりが個人のPC内に埋もれることを防止できます。
  • 日々の活動情報を基に、EXCELやWORD形式の週報を作成できますので、部会用の資料を作成する手間から解放されます。

利用シーン

よく利用される利用シーンの一例になります。
ここにあげた利用シーン以外でも、顧客管理や案件管理、関連部署とのコミュニケーションにお悩みを抱えておられましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 同じお客様に別担当、別部門(グループ会社)が重複してヒアリングするといった無駄な活動の排除と、企業として一貫性のある対応の実現。
  • 動きが停滞している商談の早期発見と早期対策。
  • 商談を技術部門と早期に情報共有することで、見積漏れや品質問題などのプロジェクト失敗リスクを軽減。
  • 類似商談を検索し、成功/失敗パターンを分析。
  • 展示会やフェア等で交換した名刺を名寄せし、見込み客として一元管理。イベントのKPIを集客数で見るのではなく、案件化数、売上で評価し、より効果的なマーケティングに活用。
  • 新製品案内メールは、お客様属性に応じてターゲットとシナリオを作成。メールへの反応によりランク管理する等、営業活動を効率化。(成約率向上)

機能

  • 商談管理に必要な一連の業務に対応しています。
  • DCRM流れ
  • パイプライン表示、グラフ表示、一覧表示等、多彩な表現方法で案件状況を見える化します。また、視点を変えたダッシュボードを複数種類持たせることもできます。
  • DCRMダッシュボード
  • 活動予定(訪問予定)の入力が煩わしいと、誰も予定登録しなくなり、最終的に活動報告の入力もない使われないシステムとなってしまいます。
    そのため、入力作業の簡易化は重要な要素であり、顧客一覧や案件一覧に対して、マウスチェックで予定入力が行える「簡易活動作成テンプレート(※2)」をオプションとして用意しています。
  • DCRM活動予定
  • 週報機能を用意することで、上長への報告書作成の手間を削減できます。担当営業が、1週間に実績登録した情報から取捨選択するだけで報告が行える「報告書テンプレート(※3)」をオプションとして用意しています。
  • DCRM報告書

システムイメージ

Dynamics 365単独でも顧客管理や商談管理といった営業活動支援は十分行えますが、ここで蓄積した情報をマーケティングに活かすことで、さらに大きな導入効果が期待できます。

  • DCRMイメージ図
  • ※1 Microsoft Dynamics 365は、マイクロソフト社の提供する統合型CRMアプリケーションです。
  • ※2 簡易活動作成テンプレートは、株式会社シーイーシーが開発・販売するテンプレートです。
  • ※3 報告書テンプレートは、株式会社シーイーシーが開発・販売するテンプレートです。

ページの先頭へ