現在位置:Home > 商品・サービス > 製造業向け(保守・営業)ソリューション > 保守IoT > 自動棚管理


製造業向け
(保守・営業)
ソリューション

自動棚管理

自動棚管理の概要

RFIDなどの電子タグを管理対象物に貼り付けることで、リペアセンター内の保守ユニット在庫管理や、工具・治具類のロケーション管理、工場出荷後(社外)の検品業務を効率化します。

  • 在庫管理を自動化し、作業工数の削減を図りつつ、正確性を向上します。
  • タグを複数同時に認識できるため、リーダで1個ずつ読み取る方式と比較し、作業効率が大幅に向上します。
  • 数量だけでなく、管理対象物の正確な位置情報が把握できるようになり、ロスト(紛失ではなく、見つからない)による修理計画の遅延や、追加発注による無駄コストを防ぎます。
  • 正確性/リアルタイム性が向上することで、正しい資産状況の把握が可能となり、経営判断に役立てます。
  • トレーサビリティ(シリアルNo)管理が容易となり、問題発生時の影響範囲を直ちに特定。対策コストを最小限に抑えます。

自動棚管理概要イメージ

ページの先頭へ