• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 投資家の皆様へ > 営業損失(貸倒引当金繰入額)および営業外費用(為替差損)の計上ならびに平成29年3月期通期連結業績予想値と決算値との差異に関するお知らせ


投資家の皆様へ

ファイリング情報 ファイリング情報



平成29年5月12日

各位

会社名
沖電気工業株式会社
代表者名
代表取締役社長執行役員
鎌上 信也
コード番号
6703東証第1部
問合せ先
IR室長 山内 篤
電話番号
03-3501-3836

営業損失(貸倒引当金繰入額)および営業外費用(為替差損)の計上ならびに平成29年3月期通期連結業績予想値と決算値との差異に関するお知らせ

平成29年3月期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)における営業損失および営業外費用の計上について、下記の通りお知らせいたします。

また、平成28年10月28日に公表いたしました平成29年3月期通期連結業績予想値と本日公表の決算値との差異について、お知らせいたします。

1. 営業損失(貸倒引当金)の内容

平成27年11月2日に公表いたしましたとおり、当社子会社である沖電気金融設備(深圳)有限公司は中国のATM販売パートナーであった深圳市怡化電脳実業有限公司(以下、怡化実業社)に対する売掛債権1,115,463千人民元(期末日為替レート換算で約182億円)の支払義務履行を求めて、怡化実業社を被申立人として仲裁手続きの申し立てを行っております。現在に至るまでの審議を経ても裁定には至らず、長期化している事実を考慮し、平成29年3月期において、本件に関連する貸倒引当金繰入額109億円を計上いたします。なお、当社といたしましては、売掛債権の全額回収の方針に変わりありません。

2. 営業外費用(為替差損)の内容

為替相場が円高に変動したことにより、平成29年3月期において為替差損48億円を営業外費用に計上いたします。

3. 平成29年3月期通期連結業績予想値と決算値との差異について
(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する
当期純利益
1株当たり
当期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 465,000 15,000 6,000 3,000 34.55
実績値(B) 451,627 2,545 -2,366 4,691 54.03
増減額(B)-(A) -13,373 -12,455 -8,366 1,691
増減率(%) -2.9 -83.0 56.4
(ご参考)前期実績
(平成28年3月期)
490,314 18,594 11,366 6,609 76.10

差異の理由

各事業は概ね計画通りに推移いたしましたが、前述のとおり、貸倒引当金繰入額を計上したことにより、営業利益が前回公表値を下回ることとなりました。

また経常利益については、上記の影響に加えて営業外費用での為替差損48億円の発生の影響がありました。親会社株主に帰属する当期純利益は、特別利益で子会社株式の譲渡益126億円、退職給付信託の一部解約による利益78億円を計上し、特別損失に独禁法関連損失25億円、固定資産譲渡損失24億円などを計上した結果、公表値を上回りました。

詳しくは、本日開示した決算概要をご参照ください。

※平成28年10月1日を効力発生日として、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施いたしました。これに伴い、1株当たり当期純利益は、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、算定しております。

  • (注)上記の業績見通しは、当社が現在入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は見通しと異なる可能性があります。

以上

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2017 Oki Electric Industry Co., Ltd.