現在位置:Home > 商品・サービス > 金融機関向けソリューション > ソリューション一覧 > イメージウェアハウス


金融機関向け
ソリューション

イメージウェアハウス

イメージウェアハウスは、金融機関におけるイメージ文書の一括管理による事務効率化、コンプライアンス強化を目的とした
e文書法対応のイメージ文書管理システムです。営業店の窓口では、多種多様な書類や帳票が使われており、これらを現物で安全な場所に保管し、必要に応じて探し出すには手間も時間もかかります。「現物保管」から「イメージでの保管」へ移行することにより、「保管スペース削減」「保管業務効率化」「コンプライアンス強化」が図れます。

イメージウェアハウスの全体イメージ

保管(登録/インデックス付け)機能

キャビネットやバインダの管理状態そのままのイメージでデータベース保管を実現します。

照会機能

日付・顧客番号等の検索キーを指定し、格納済みのイメージを表示します。営業店端末からもWebでの照会が可能です。

暗号化機能

イメージ文書の暗号化機能を有しています。

長期署名機能

国際標準規格XAdES・PAdESに準拠し、長期署名機能等e文書法に対応し、現物廃棄を可能とします。

他システム連携機能

既存の事務集中システムから保存イメージを転送し、本システムで統合管理することが可能です。

ページの先頭へ

営業店における現物帳票保管スペースの削減・現物帳票管理付帯作業の軽減(保管コスト削減)

印鑑票および各種帳票のイメージ文書管理により、営業店における現物帳票保管スペースの削減が可能になります。その為、金融機関におけるキャッシュレス店舗・軽量化店舗等の新規出店に際して、金庫設備の導入が不要となる等出店時のコスト削減が可能であり、店舗統廃合時/営業店金庫統合時にも効果を発揮します。また、紙現物帳票を管理することに伴う、並べ替え作業・管理簿メンテナンス・メール便等送付時作業・問い合わせ時のキャビネット探索等付帯作業が不要となり、管理作業に投入していた工数を本来業務に充てることが可能です。

現物紛失、情報漏洩リスクの軽減(コンプライアンス強化)

e文書法に対応し営業店の現物廃棄を可能とすることで、現物紛失・情報漏えい・誤破棄等、現物管理の課題を解決します。

長期保管への対応を強化

タイムスタンプ機能により、改ざん防止対策を強化しました。また、改ざん防止・長期補完機能を維持したまま、スマートデバイスからの安全な閲覧・編集・加工が可能です。

現行インフラを利用した資源の有効活用(業務別システムの導入コスト削減)

現行導入されているシステムを利用し本システムを導入する事ができますので、導入コストを抑えたシステム導入が可能です。

ページの先頭へ

システム全体構成イメージ

ページの先頭へ

ページの先頭へ


  • お問い合わせ