現在位置:Home > 商品・サービス > 金融機関向けソリューション > ソリューション一覧 > 営業店窓口端末システム GS21/GS21 Pro


金融機関向け
ソリューション

営業店窓口端末システム GS21/GS21 Pro

「GS21」は 、イメージ処理技術を活用したワークフローやベリファイなどにより、勘定系取引の堅確性を向上させ、事務の効率化を実現する、ホストベンダフリーの営業店窓口端末システムです。
「GS21」の機能を継承(Proceed)し、情報系と融合することで進化(Progress)した窓口端末システム「GS21 Pro」により、お客様への最適なサービス提供と、窓口業務の事務効率化および堅確性確保を実現します。お客様と接する様々なチャネルで蓄積した情報を分析/利用し、営業店をセールスの場へと転換します。

  • イメージ処理技術を活用し、高品質なオペレーションを実現します。
  • 利用者の使いやすさを考慮したメカトロ技術により、スムーズな操作を実現します。
  • チャネル共通基盤の採用により、様々なチャネルと連携してOne-To-Oneセールスを実現します。

1.イメージ処理技術

ワークフロー
  • 必要な手続きを誘導するので、画面番号や事務手続きの手順を覚える必要がありません。
  • 取引誘導や役席連携での承認/モニタリングにより、事務負荷を軽減し取引の厳正化を図ります。
ベリファイ
  • オペレーター入力データとOCR認識結果の一致チェックを行い、取引の堅確性を向上させます。

2.メカトロ技術

通帳伝票プリンタ
  • オートターンページ機能により、閉じ通帳の状態で表紙から明細までを一括して印字します。
  • 媒体フルセットフリー機能により、通帳/伝票のセットを容易にします。
  • 高抗磁力対応磁気ヘッドを標準採用しているため、通帳ストライプの磁気データ破損を防ぎます。
  • 高速媒体搬送、高速印字により、印字処理時間を削減します。
ダイレクトスキャナー
  • 帳票認識することで該当する取引画面を自動表示し、操作の簡素化とミス防止を実現します。
  • 従来のドロップアウトカラー帳票から制約の少ない通常カラー帳票まで読み取ることが可能です。
  • 帳票にナンバリング印字を行うことができ、ナンバリング印字した帳票を読取不可とすることで2重処理を防ぎます。

3.コンプライアンスおよびリスク管理

  • 取引に使用した伝票イメージを利用し、より効率的な証査を実現します。
  • 各業務画面での入力情報、オペレーションおよび媒体・機器操作情報をジャーナルとして集中保管し、事務のモニタリングを行うことが可能です。
  • オペレーター毎に取引権限を設定することで、権限に応じて業務を制限することができます。

4.勘定系-情報系融合

  • 1画面に集約して表示することにより、勘定系業務を行いながら必要な情報の参照・更新が可能です。

5.チャネル共通基盤の採用

  • チャネル共通基盤が提供するサービスを各チャネルから利用することができます。
  • お客様と接する様々なチャネルから収集した情報を分析し、利用することが可能です。
  • リアルタイムで情報の収集/分析を行い、常に最新の情報をセールスの場へと提供します。

ページの先頭へ

1.事務の厳正化と効率化

  • 帳票から該当取引画面をフロー表示するので、新人の即戦力化が可能です。
  • 承認処理をシステム化することで立ち歩きを防止し、事務の堅確性を向上させます。
  • イメージ処理を活用することで一線完結処理を推進し、オペレーションの簡易化、ワークフローによるオペレーションの統一化を実現します。
  • 権限により実行できる業務を制限し、事務の厳正化を図ります。

2.収益向上

  • イメージ処理の更なる活用で、集中化対象事務を拡大し、営業店窓口でのセールス時間を創出します。
  • お客様と接する様々なチャネルでお客様情報を蓄積/分析し、個々の顧客(「個客」)に最適な商品やサービスを一貫性を持って提供します。

ページの先頭へ

システム全体構成イメージ

ページの先頭へ

ページの先頭へ


  • お問い合わせ