現在位置:Home > 商品・サービス > 金融機関向けソリューション > ソリューション一覧 > 記帳ナビ(電子記帳台)


金融機関向け
ソリューション

記帳ナビ(電子記帳台)

記帳ナビは、タブレットパソコンと様々なデバイスを活用することで、お客様操作による伝票・帳票作成や営業店窓口との連携を可能とするソリューションです。
事前入力した取引データの連携等により、窓口業務の伝票レス・事務レス化・事務リスクの低減を促進します。

外観例

伝票・帳票作成機能

  • お客様の伝票・帳票作成に伴う入力をタブレットパソコン上で行います。
  • 入力ナビゲーション機能により、お客様ご自身で簡単に入力していただくことができます。
  • 店頭の様々な伝票・帳票に対応いたします。
  • 通帳・カードリーダーと顧客情報管理サーバーのデータ連携により、氏名、住所、電話番号等を伝票・帳票に反映いたします。

窓口端末連携機能

  • 入力されたデータを使用して、窓口の各種機器との連携も可能です。

各種機器接続機能

  • 本体のタブレットパソコンに、各種機器を接続することにより、様々な伝票・帳票作成に対応します。
  • ドットインパクトプリンターを接続し既存の伝票・帳票への印字にも対応することで、これまでの店頭事務を変更することなく導入することも可能です。

記入画面イメージ

ページの先頭へ

利用されるお客様にとってより使い易く

  • 記帳専用のディスプレイを採用することで、手書きに比べ、見やすく、入力しやすい装置となっています。
  • ATMの操作性を採用し、お客様が使い慣れたインターフェースによって、伝票や帳票の作成をサポートします。
  • 高齢のお客様から、ICT機器の操作に慣れておられるお客様にも、使い易い環境をご提供します。

窓口業務の更なる効率化へ

  • お客様のご用件に応じた伝票・帳票の選択、漏れのない記入を、お客様のセルフ操作で実現します。
  • 手書き伝票・帳票に比べ、読みやすさ、認識のしやすさが向上するため、事務の効率化が期待できます。
  • 入力データを窓口へ引き継ぐことで、勘定処理等の窓口事務時間の短縮が期待できます。
  • 顧客情報管理サーバーとのデータ連携により、お客様のさらなる入力軽減を実現します。

柔軟かつ早期に、様々な店頭スタイルの実現へ

  • タブレットパソコンを採用することで、従来の記帳台での設置に加え、店頭スタイルにあわせた柔軟な運用に対応します。
  • 記帳ナビ単体で動作するため、早期導入が可能です。
  • 将来的には、店頭でのタブレットパソコンを活用した各種サービスとも連携可能です。

ページの先頭へ

豊田信用金庫様
北越銀行様
  • 北越銀行にタブレット型伝票作成システム「記帳ナビ」を納入
    タブレット端末によるスムーズな伝票作成を実現し、お客様の利便性向上
  • 2015年2月18日掲載 プレスリリース

ページの先頭へ


  • お問い合わせ