現在位置:Home > コラム2009年 > ユビキタスサービスを支えるシステムプラットフォーム(ユビキタスサービスが拓く未来:第5回)


コラム

2009年7月7日

ユビキタスサービスを支えるシステムプラットフォーム

(ユビキタスサービスが拓く未来:第5回)

  • 平沼 雄一郎(Yuichiro Hiranuma)
    システムプラットフォームセンタ
    センタ長

システムプラットフォームセンタの平沼です。

これまでユビキタスサービスプラットフォームカンパニーより、計4回のコラムを書かせていただきました。昨年の11月にシステムプラットフォームセンタに改名され、今回は改名後初めてのコラムとなります。前回までにご紹介させていただいてきた社内SNSやラダリング型検索サービスなどとは少し違った角度で、ユビキタスサービスを支えるシステムプラットフォームの話をさせていただきます。

昨年からこのコーナでは、OKIの各分野のリーダーたちによる、それぞれの業種や商品・技術などを紹介するコラムが掲載されてきました。いくつか、ピックアップしてみましょう。

これらをお読みになるとおわかりいただけると思いますが、OKIは様々なユビキタスサービスを実現するシステムや機器を提供させていただいています。実はこれらの機器やシステムには、「プラットフォーム」が必ず必要になるのです。

さて、そのプラットフォームとはいったい何でしょうか?プラットフォーム(プラットホーム)という言葉からは「駅のホーム」を思い浮かべる方も多いと思います。Wikipediaによれば、元々は、まわりの部分よりも高くなった水平で平らな場所(台地)をさす英語だそうで、現在は意味が拡大解釈され、階層構造全体の中の下側(下部、底部、基本部分)に位置するものを指し示すようになっているそうです。

実は、システムにはこの台のようなプラットフォームがあるのです。お客様からは見えませんが、サービスの量や質によって、適切なプラットフォームを使う必要があります。家の基礎と同じです。上に載る家の重さと、地盤に合った基礎がないと、家が傾くことがあります。それと同じように、システムにもそれを支えるのに十分なプラットフォームが必要です。

システムのプラットフォームは、サーバーやPCなどのハードウェア、OSやデータベースのようなソフトウェア、さらにシステムと端末を繋ぐためのネットワークなど、さまざまなモノから構成されます。適切なモノを選んで正しく構成しないと、丈夫な木材を細い釘で組み立てた家のように崩壊してしまいます。適切なプラットフォームを設計し、構築することは、アプリケーションの設計・開発と同様に非常に重要な意味があるのです。

OKIは、適切なプラットフォームを設計・構築するスキルを持った技術者を保有し育成すると共に、このスキルを活かしたエキスパートサービスを提供しています。

また一方で、適切なプラットフォームの上に、品質の良いアプリケーションを構築したとしても、システムにはハードの故障や、ソフトのバグ、ネットワークの障害といったトラブルがつきものです。したがって、システムのトラブルをいち早く検知し、その発生箇所を早期に見つけ、修復方法を導き出すと共に、そのトラブルの影響を最小限に食い止める「システム運用管理」も重要になります。いわば、列車ダイヤの運行管理システムのようなものです。OKIはこの「システム運用管理」もユビキタスサービスの安定的な提供の非常に重要な要素の1つと考え、「DressUP Cockpit」や「DressUP Server Auditor」という運用管理ツールにも注力しています。

世の中のユビキタスサービスを実現するOKIのシステムは、運用管理ツールも含めたOKIのプラットフォームが支えているのです。

コラム「ユビキタスサービスが拓く未来」シリーズ

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ