現在位置:Home > 商品・サービス > 次世代交通


次世代交通

次世代交通

OKIが目指す次世代交通事業

ITS既存システムをコアとした進化、V2Xネットワークの実現によって、インフラ協調ITSサービスの実現に向けて取り組んでいます。

OKIが目指す次世代交通事業:インフラ協調ITSサービス

ページの先頭へ

ITSサービス「LocoMobi2.0」

「LocoMobi2.0(ロコモビ2.0)」は、車両の位置情報や渋滞などの道路情報を収集・分析し、車両利用事業者の業務効率化をサポートする、OKIのマネージドクラウドサービス「EXaaS」上にて提供するSaaS型のITSサービスです。

OKIが道路交通システム市場で長年取り組んできた車両プローブ情報(※1)の活用技術を活かし、インフラ協調型ITSサービス(※2)へ向け、AIおよびアナリティクス技術を融合させることにより、「移動」に関わる幅広い分野における業務改革を実現します。

ITSサービス「LocoMobi2.0」

  • LocoMobi2.0アプリケーションにて、業種毎のアプリケーションサービスを提供
  • LocoMobi2.0プラットフォームにて、センサーやオープンデータなどからの多くの情報を収集・処理し、車両の位置管理、渋滞情報などのプラットフォーム機能を提供
  • ※1 車載器などから送られてくる車両の位置などの情報のこと。プローブ情報から、車両が走行する道路の交通情報を生成することができ、渋滞状況や天候状況などをも知ることが可能。
  • ※2 インフラと車や歩行者などが通信手段により接続され、安心・安全や利便性の向上などを目的として情報交換を行い協調して運用されるサービス。
次世代交通に関するお問い合わせ先
お問い合わせフォーム

ページの先頭へ