沖電気研究開発(No.174)

低電圧・高感度PIN-PD/APD-AMPモジュール

兵頭彰二 前田正明 平野貴正 片柳哲夫

 マルチメディアの進展に伴い、ディジタル光通信システムはその適用範囲を拡大しつつある。したがって、光受信器に対しては高感度・広ダイナミックレンジ化のみならず、小型・低消費電力化の要求が高い。当社では、GaAs BP-MESFETプロセスを用いて低雑音・広ダイナミックレンジ特性を有する+3.3V単一電源動作前置増幅器ICを開発し、InGaAs PIN-PDと一体実装することで最小受光電力-39.8dBm、ダイナミックレンジ39.8dB、InGaAs APDと一体実装することで最小受光電力-48.0dBm、ダイナミックレンジ42.0dBを有する受光モジュールを実現した。



ホームページへ戻る 『沖電気研究開発』の先頭へ戻る

Copyright (c) 1997 Oki Electric Industry Co., Ltd.
www-admin@www.oki.co.jp