沖電気研究開発(No.174)

超磁歪振動子の特性解析

吉川 隆 河守章好

 超磁歪材料の非線形特性を明らかにするため、コイルに入力する励振電流を可変としてインピーダンスを測定し、動インピーダンスを用いた等価回路解析を行った。その結果、力係数、コンプライアンス、等価機械抵抗等の等価回路定数を励振電流の関数として導くことができた。励振振幅が大きくなるにつれて、それぞれの等価回路定数が大きくなる。電気機械変換効率も励振振幅の大きなときにより大きくなり、90.7%に達する。



ホームページへ戻る 『沖電気研究開発』の先頭へ戻る

Copyright (c) 1997 Oki Electric Industry Co., Ltd.
www-admin@www.oki.co.jp