現在位置:Home > 商品・サービス > DressUP > DressUP ExpertServices > 仮想化基盤導入トータルサービス


DressUP

仮想化基盤導入トータルサービス

最適な仮想化基盤をプランニングから運用支援まで一括提供

システム基盤に仮想化技術を導入することには、多くのメリットがあります。

しかしながら、業務システムに仮想化技術を導入するとなると、導入時の状況や目的に応じて様々なリスクがあり、適合性、導入計画などさまざま角度から専門家を交えて検討し、メリットと留意点を把握した上で計画的に取り組む必要があります。

本サービスは、OKIが過去5年間に手がけた様々な仮想化基盤構築・運用実績から得た技術・ノウハウを集大成したもので、アセスメントに基づく導入プランニングから、ハードウェア・ソフトウェア製品の選定およびインテグレーション、導入システムの運用支援までを網羅し、お客様のシステム基盤に関する各種課題に対し最適なソリューションをご提供いたします。

主な特長

お客様の適用領域に最適な仮想化基盤をワンストップでご提供します。
  • 導入プランニング、インテグレーション、運用支援を一連の流れとして一括提供
  • 最適なハードウェア、ソフトウェア製品を選定し、豊富な実績を持つインテグレーション技術で要素技術を統合し最適な仮想化基盤を構築
仮想化システム基盤の導入・構築経験豊富なOKIのプラットフォーム・エンジニアがお客様の仮想化基盤導入を支援します。
  • OKIグループ 2005年~
  • 千葉興業銀行 殿 2007年~
  • 某大規模企業 2008年~
  • 某クレジット会社 2009年~
  • 某大手キャリア 2009年~
  • 他実績多数
フェーズ毎に検証・判定のステップを入れ、安全確実な仮想化基盤の導入を実現します。
  • 仮想化システム基盤の導入で、システムの信頼性が低下しないか
  • 仮想化システム基盤に移行して実用に足る性能は確保できるか
  • 仮想化システム基盤で既存アプリケーションは動作するのか
  • 仮想化システム基盤の導入が、運用まで含めたTCO削減につながるのか

ページの先頭へ

サービスの仕様

サービスご提供の流れの図
サービスご提供の流れ

サービスメニュー概要

フェーズ1:プランニング(仮想化基盤導入プランニングサービス)

お客様の適用領域システムの実環境にてツールを利用した実地調査の実施と、利用状況の詳細ヒアリングに基づき、要件定義、適合性判定、フィジビリティスタディ、キャパシティプランニング、お客様の適用領域に最適な仮想化基盤を構成する製品群の選択、仮想化基盤基本設計、実施計画作成までをご支援いたします。

サービスメニュー
  • 仮想化基盤基本設計サービス
  • キャパシティプランニングサービス
  • パイロット検証サービス
フェーズ2:インテグレーション(仮想化基盤インテグレーションサービス)

プランニングの成果に基づき、仮想化基盤を構成する製品群の詳細設計とハードウェア(if Server)、ソフトウェア(VMware)の提供およびインテグレーションを実施し、仮想化基盤を構築します。また、構築した仮想化基盤に、既存システムを仮想マシンとして移行させます。必要に応じて、仮想化基盤に新たな仮想マシンの追加も行います。

サービスメニュー
  • 仮想サーバー設計構築サービス
  • 仮想マシン移行サービス
  • 仮想マシン追加サービス
  • 仮想サーバークラスタ化サービス
フェーズ3:運用支援(仮想化基盤運用支援サービス)

仮想化基盤上に移行したシステムの運用計画作成を支援いたします。併せて、当社が提供したハードウェア、ソフトウェアのサポートサービスをご提供いたします。

  • 運用支援コンサルテーション
  • プラットフォームトータルサポートサービス
  • フェーズ毎に、お客様と当社エンジニアによる成果物の検証・判定が入ります。

ページの先頭へ

「仮想化基盤導入トータルサービス」が実現するソリューション

本サービスの導入により、以下のようなソリューションが実現可能です。

  1. サーバー統合ソリューション

    仮想化基盤上に既存サーバーを集約・統合することで、社内システムのTCO削減、サーバーリソースの効率的活用、システム運用の効率化、グリーンITへの対応、俊敏なシステムインフラ環境提供の実現等様々なメリットを享受することが可能となる、本サービスが実現する代表的なソリューションです。

  2. 既存業務アプリケーション資産の有効活用ソリューション

    簡単かつ低コストで、既にサポートが終了した旧OS上のアプリケーションを最新ハードで動作させるソリューションです。仮想化基盤上に旧OSごとに業務アプリケーションを移行させることで、ハードウェアとソフトウェアを切り離すことが可能となり、ハードウェアベンダ、OSベンダの動向に左右されにくいシステム基盤と、業務アプリケーション資産の有効活用を実現します。

  3. 開発・検証環境効率化支援ソリューション

    仮想化基盤上に開発・検証環境を集約することで開発用サーバーリソースを有効活用するソリューションです。これにより開発・検証用マシンの手配期間の短縮、アプリケーションの世代管理の合理化、本番環境へのパッチ投入検証の効率化、新システムへの移行作業の効率化を実現し、開発現場の作業効率を向上させます。

  4. その他
    • ファイルサーバー統合ソリューション
    • デスクトップ・アプリケーション仮想化ソリューション
    • ディザスタ・リカバリ・システムの構築支援サービス
    • BCP(business continuity plan)対応支援ソリューション
    • 全社標準システムリソースプール(プライベートクラウド)構築支援サービス

ページの先頭へ

ご提供商品内容

仮想化基盤導入の流れに従い、以下のサービス・製品を提供します。

  1. 仮想化基盤導入プランニングサービス
  2. 仮想化基盤インテグレーションサービス
  3. 仮想化基盤運用支援サービス(一部、2009年度中提供予定のサービスを含む)
  4. ハードウェア製品(if Server等)、ソフトウェア製品(VMware等)
  5. システムインフラ設計構築サービス
  • 沖電気工業株式会社は、グローバルに認知される成長企業を目指し、通称をOKIとします。
  • VMwareはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
  • その他、記載されている会社名、商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ