現在位置:Home > 商品・サービス > EMS(設計・生産受託サービス) > 実績紹介 > 活用事例から探す


EMS(設計・生産受託サービス)

活用事例から探す

経営課題の解決事例

事例(1) 工場固定費を変動費化し、経営リスクを低減

お客様の課題

近年、市場の変化が激しく、年間を通じて月ごとの売上が安定しない。繁忙期の生産能力を増強したいが、売上が少ない月には操業損が発生し、経営のリスクとなっている。

解決

装置一式をまるごと委託いただき、OKI-EMSのリソースを用いることで固定費を変動費化。変化が大きい市場でも、変化に追従した利益の創出が可能に。

OKI-EMSの未活用と活用図

事例(2) 医療機器市場への参入

お客様の課題

自社の技術を用いて、医療機器市場に参入したいが、法規制、医療機器製造のQMSのノウハウがなく、参入のハードルとなっている

解決

設計プロセスから量産化までの豊富な実績保有し、お客様の医療市場参入をものづくりの観点から支援し、早期参入を実現。

品質課題の解決事例

事例(3) 基板多層化にともなう技術課題への対応

お客様の課題

半導体の性能の向上と共に、製造/検査装置も高度化。コアとなる実装基板も多層化が進み、高度な実装技術が必要に。外部の委託先では十分な品質が確保できず、設計の自由度が制限され、競争力を阻害する要因に。

解決

お客様の設計自由度を最大化する実装技術開発の取り組みにより、高多層化や高密度化に追従。さらに、お客様のご要望に応じて、特殊部品や特殊な仕様の実現に向けた技術開発を推進し、設計の自由度向上に貢献。お客様製品の競争力向上を実現。

対応基板サイズ 500×600mm
板厚 7.0mmまで対応可能
重量 6kgまで
特殊部品種類 BGA,LGA,CCGA,QFN

事例(4) 海外生産品の品質改善

お客様の課題

海外EMSに生産委託した製品の国内販売を開始したが、品質が悪く市場クレームが多発している。クレーム対応に多大なリソースが必要であり、お客様の信頼が低下し、社員のモチベーションも下がっている。

解決

お客様が海外EMSに委託した製品の受入検査をOKIにて実施。各市場の多様な製品の生産実績に基づいて不具合を検出。エンドユーザー様からのクレームが減少することで、リソースを本来の業務に集中。

納期課題の解決事例

事例(5)短納期生産による棚卸削減

お客様の課題

受注生産のためエンドユーザーに対する仕様の確定が希望納期の直前までかかる。短納期で対応するためには、仕様を予測し、様々な仕様の在庫を確保する必要があるが、棚卸しの増加に繋がるため対応できず、納期調整に苦慮している。

解決

OKIではお客様の受注形態に応じたフレキシブルな生産サービスをご提供。エンドユーザー様と最終的な仕様が固まる直前の工程まで作業を進め、仕様の決定後に短納期でのものづくりを推進し、お客様の棚卸し削減に貢献

事例(6)多品種少量生産

お客様の課題

品種は多いが1Lotあたりの数量が少なく手間がかかるため、外部委託先が見つからない。製品の高度化により生産設備投資が必要だが、物量が少ないため、投資回収に長い期間が必要。

解決

平均ロット=10以下/月での生産受託中心のOKI-EMSへの委託により、大幅な投資をせずに最新の設備を活用し、自社生産にこだわる競合他社と比較して技術的優位を確立

OKIロット構成

技術課題の解決事例

事例(7) 在宅機器情報をM2Mで把握

お客様の課題

在宅の医療機器の状況を自動で収集したい。有線での通信では、設置に制約があるため、設置の自由度の高い無線で情報を把握したい。

解決

OKIの無線技術を活用いただき、自宅の何処に設置しても「途切れない」無線化を実現し、設置の自由度を向上。

事例(8) 通信機能の付加により、機器情報を収集管理

お客様の課題
  • 病院内の機器の集中管理を実現するため、機器に無線通信機能を付与したい。
  • 生体情報を計測する際に配線が邪魔なため無線化したいが、小型化、低消費電力化に課題
解決
  • ナースステーションから機器の情報を一括して吸い上げることが可能になり、看護業務の効率化に貢献
  • 低消費電力無線化技術を用いて無線化し、実用化。測定対象者の快適性を向上

事例(9) 高画質化の実現

お客様の課題

映像が高画質化するに伴い、データ量が膨大になり、リアルタイムな画像処理が困難になりつつある。市場要求に追従するため、大量の開発リソースが必要になっている。

解決

当社にて開発済みのFPGA技術をベースにお客様の要望に応じてカスタマイズすることで、開発期間を圧縮し、短納期での市場投入が可能に。

具体成果
  1. 高解像度画像データ(大容量)を高速に転送
  2. FPGA処理によりソフトウェアやホストCPUの負荷を軽減
Advanced M&EMSに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム
  • Advanced M&EMSは沖電気工業株式会社の登録商標です。 

ページの先頭へ